キャバクラのボーイとして一人前になるためには、お店の仕事をしっかりこなすことが重要です。
そしてボーイにとって1番大事な仕事は、「キャバ嬢に売上をあげてもらうこと」以外にはありません。
つまりキャバ嬢が働きやすい環境を用意できるボーイが、良いボーイの条件ということです。

そのためには所属しているキャバ嬢から、信頼を得なければいけません。
ですのでこの記事では、”現役のキャバ嬢が一緒に働きたいと思うボーイ像”をまとめてみました。

1.現役キャバ嬢の声① 清潔感のあるボーイさんと働きたい



まず1番多く聞く声としては、「清潔感のないボーイは嫌だ」というものが挙げられます。
これは、決して「見た目が格好いい」必要はありません。

社会人として働く上で当たり前のことですが、”身だしなみに気を使っている”という部分が重視されます。
例えば、黒服としてのユニフォームをだらしなく着崩していたり、髪を伸ばし放題にしていたりといったボーイは、大抵が自己管理ができない人が多いです。

こういったボーイは、「見た目だけでいい加減そう」と捉えられてしまい、キャバ嬢からの信頼を得ることができません。
またボーイは、お店を訪れたお客様を最初に接客するポジショニングですので、常に身だしなみを整えておくのは当たり前のことです。
これはどんな職場であっても同じことなのですが、キャバクラに勤めるならより気をつけるべきことといえるでしょう。

2.現役キャバ嬢の声② きっちり仕事をしてくれるボーイさんと働きたい



次に多いのは「手を抜かずに仕事をしてくれるボーイがいい」という声です。
特に「口ばかり達者で実際の仕事はいい加減なボーイ」は大変嫌われます。
当たり前の話ですが、お客様や他のボーイ、キャバ嬢に対する愚痴や陰口ばかりで、いつ見てもダラダラと仕事をしているようなボーイが、キャバ嬢からの信頼を得ることはありません。

こういった人間は一般社会でも嫌われますが、人間同士の信頼関係を軸にして回っているナイトワーク業界では、さらに強く忌避されます。
また付け回しの際に、あからさまなえこひいきをするようなボーイなどもってのほかです。

誰に対しても、ボーイとしてフラットな対応を心がけることが信頼を得る近道といえるでしょう。
多少不器用であったとしても、常に真面目に働いているボーイが好かれるということです。

3.現役キャバ嬢の声③ 相談しやすいボーイさんと働きたい



ある程度信頼を得ているボーイは、キャバ嬢から様々な相談を持ちかけられることがあります。
”キャバ嬢の悩みを聞き、より働きやすい環境をつくるお手伝いをする”ことも、ボーイの大事な仕事といえるでしょう。
相談事の内容は、仕事の悩みもあれば、キャバ嬢のプライベートに関わることまで、本当に多種多様です。

こういった際に、やたらと親身になりすぎたり、無意味に偉ぶって突き放すようなボーイは、築き上げた信頼を失ってしまう可能性があります。
こういった悩み事は、「誰かに聞いてほしい」といった感情や「吐き出して頭の中を整理したい」という気持ちの表れであることがほとんどですので、あくまでも仕事上の付き合いであるという線引きをすることが肝心です。
悩み事を解決できるのは本人だけだということを意識し、ちゃんと話を受け止めていることというスタンスで話を聴きましょう。